第一紡績株式会社第一紡績株式会社

第一紡績株式会社第一紡績株式会社

MENUCLOSE

SOCIAL社会への取り組み

ICHIBOは、今までもこれからも
“つながり”を大切にして、モノづくりに努めていきます。

ICHIBOが取り組む3つの取り組み

モノづくりを学ぶ

ACTION

テキスタイルスクールの開催

日本で唯一となる紡績から染色加工までの一貫生産工場を有するICHIBOは、通販・小売・アパレル・紡績・商社といった様々な業界の方へ向けてテキスタイルスクールを開催しています。座学と現場での実習を通して、モノづくりを学んでいただくカリキュラムです。受講者からは、「学んだ知識を商品開発に活かしたい。」「自分の仕事に対する意識が変わった。」などの声を頂戴しています。春と秋の年2回、1泊2日のスケジュールで定期開催をしています。開催案内や過去の受講風景をホームページトピックスで公開しています。

テキスタイルスクール

環境への配慮

ACTION

工場排水処理

生産工程で多量の水を使う繊維メーカーとして、工場排水の処理は重要です。
ICHIBOが使用する水は全て地下水です。その水を無駄にせず、綺麗な状態で自然に還すための取り組みを行っています。
汲み上げた地下水は、紡績工場で空調用の冷却水として使用後、染色加工用水として再利用しています。
染色加工で使用された水は、専用設備で浄化処理し、基準をクリアした排水を河川へ流しています。

工場排水処理

地域社会との関わり

ACTION

桜並木の保護・管理

ICHIBOの敷地内から続く500mにも及ぶ桜並木。これは明仁上皇のご成婚を記念して植樹された桜です。毎年、満開の時期には圧巻の景色となり、桜の名所として地元の方々に親しまれています。1959年から現在までの間、多くの方の目を楽しませてきた桜並木の景観を保つため、ICHIBO社員も周辺の清掃を定期的に行い、環境保護活動に力を入れています。

桜並木の保護・管理

ACTION

MADE IN KUMAMOTO

地元アーティストとのコラボ商品開発や、地元企業のユニフォーム製作など、様々な形で魅力的な″MADE IN KUMAMOTO”を生みだしています。
ICHIBOは、全国へ向けて熊本のモノづくりを発信しています。

地元企業とのコラボ開発